マンUの至宝がもう昨季超え 真の点取り屋へラッシュフォード止まらない

マンUのラッシュフォード photo/Getty Images

モウリーニョの予想を超えていく?

マンチェスター・ユナイテッド期待の若手FWマーカス・ラッシュフォードはどこまでゴールを量産できるプレイヤーなのだろうか。これはラッシュフォードを9番タイプの選手と見るのか、ウイングプレイヤーとして見るのかで変わってくる。

例えば前指揮官ジョゼ・モウリーニョは、ラッシュフォードを純粋なセンターフォワードとは見ていなかった。スピードは魅力だが、シーズンに大量のゴールを奪うターゲットマンタイプのFWではないと判断していたのだ。

しかし英『Squawka』は、このモウリーニョの見方が正しかったのかと疑問を投げかけている。というのも、オーレ・グンナー・スールシャールの下でラッシュフォードの得点力が順調に伸びているからだ。

18日に行われたカラバオ杯・準々決勝のコルチェスター戦でも得点を記録したラッシュフォードは、これで今季の得点数を14まで伸ばした。昨季は47試合プレイして13得点止まりだったため、すでに昨季の数字を超えたことになる。

同メディアはモウリーニョが以前ラッシュフォードについて語っていた内容を改めて紹介しているのだが、モウリーニョは次のようにコメントしている。

「彼が9番タイプになれないとは言わない。対戦相手が引きこもらずにスペースを与えた時、彼は危険な9番となれる。トランジションの部分で彼は危険な存在だ。しかしオールド・トラフォードにくる相手は、たいていスペースを消してバスを並べてくる。彼はゴールを背にしてプレイする選手ではない。ターゲットマンではないし、ストライカーのようにゴールを量産する選手でもない。彼はサイドから1シーズンあたり10〜12ゴール奪う選手だと思う」

モウリーニョはロメル・ルカクの方をメインストライカーと考えていたようだが、スールシャールは前線にターゲットマンを置いていない。ラッシュフォードをセンターフォワードの位置で起用することもあり、こちらの方が得点力を活かしやすいのかもしれない。

同メディアはラッシュフォードがシーズンに20ゴールは奪える選手であることを証明していると伝えており、偉大な9番になれる可能性もある。スールシャールの下で戦う今季は、ラッシュフォードにとってワールドクラスへ成長するための特別なシーズンとなるかもしれない。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は「V字回復の処方箋」。低迷のビッグクラブに活路はあるか!?

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ