バルサBの安部が“左右の足”で魅せた 逆転勝利へ導いた2つ超絶弾[映像アリ]

スペインで調子を上げている安部裕葵 photo/Getty Images

バルセロナBに所属するU-22日本代表FW安部裕葵が、圧巻のパフォーマンスを披露し、注目を集めている。

15日に行われたスペイン2部B(3部リーグ相当)第17節で、ラ・ヌシアと対戦したバルセロナB。この一戦で7試合連続となるスタメン出場を果たした安部は、1点ビハインドで迎えた37分、シュートのこぼれ球をペナルティエリア手前で拾うと、ダイレクトで思い切って右足を振り抜く。抑えの効いた鋭いシュートは相手DFの間を抜けて左サイドネットに突き刺さり、試合を振り出しに戻した。

これで勢いに乗った安部はさらに魅せる。54分、センターバックとサイドバックの間でうまくボールを受けると、ファーストタッチで絶妙な位置にボールを置き、再びエリア手前からゴールを狙う。今後は左足から放った豪快なシュートをゴール左隅に決め、貴重な勝ち越しゴールを奪ってみせたのだ。なお、その後バルセロナは1点を追加し、3-1でラ・ヌシアを撃破。直近のリーグ戦10試合で負けなしとなっており、グループ3の首位に立つサバデルと勝ち点差「3」、プレイオフ圏内の4位につけているアンドラと同「1」の5位まで順位を押し上げている。

2ゴールの大活躍で、チームの勝利に貢献した安部。バルセロナBの公式Twitterも2つの超絶ゴールを動画付きで「なんてゴールだ」などと紹介しており、ファンも「スペクタクル」や「いいゴールだ」と言ったコメントを寄せていた。








記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ