“アザールの後継者”が止められなくなってきた「アザール以上のドリブラーだ」

チェルシーのプリシッチ photo/Getty Images

ファンも大興奮

10日にチャンピオンズリーグ・グループステージ最終節でリールと対戦したチェルシーでは、エデン・アザールの後継者と言われるドリブラーが元気いっぱいだった。

61分にベンチへ退いたにも関わらず、フル出場したウィリアンと並んでチーム最多タイとなる7回ものドリブルを記録したMFクリスティアン・プリシッチだ。

プリシッチは加入当初こそ出番の確保に苦戦したが、徐々にチームとプレミアリーグのスタイルに適応。ドルトムント時代から自慢だったドリブルが相手DFの脅威となってきている。

ややボールを持ちすぎな部分もあったが、それでもヒラリヒラリと相手をかわしていくプリシッチのドリブルは精度が高い。左右両足を器用に使い、ボールも足から離れない。

英『Football Fancast』はリール戦後のチェルシーサポーターの声を紹介しているが、プリシッチのドリブルに魅了されたサポーターの意見が目立つ。

「プリシッチはアザール以上のドリブラーだ」

「プリシッチは見ていて楽しい。大好きだ」

「間違いなく怪物だ」

データサイト『WhoScored』の数字では、今季のチャンピオンズリーグでプリシッチは全体5番目となる1試合平均3.5回のドリブルを記録している。チームメイトのウィリアンはさらに上をいく4.5回のドリブルを記録しており、チェルシーの両翼にボールを持たせると非常に危険だ。

プリシッチはまだ21歳と若く、成長すればアザール級のアタッカーとなる可能性は十分に考えられる。当初アザール2世の呼び名をメイソン・マウントに奪われた時期もあったが、今チェルシーで最もアザール2世の呼び名が似合うのはプリシッチか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.241 予測不能なラウンド16
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ