現プレミア最高の“チャンスクリエイター” マンCの天才司令塔が止まらない

相手の急所を突くパスでマンCの攻撃陣を牽引するデ・ブライネ photo/Getty Images

チャンス創出数がリーグトップ

強いチームには必ずと言っていいほど優秀なプレイメイカーがいるものだ。得点を奪うためには、まずチャンスを創出しなければいけない。それに必要なのは相手の急所を一瞬で判断し、即座に突くことが可能な選手。その能力の持ち主のうち、現在のプレミアリーグで最高なのは誰か。

英『talkSPORT』はマンチェスター・シティに所属するベルギー代表MFケビン・デ・ブライネを推す。昨季、合計105回ものチャンスを作り出した司令塔の今季チャンス創出数は43回。これは現時点でリーグトップの数字だ。2位につけるリヴァプールのDFトレント・アレクサンダー・アーノルドが記録した42回との差はわずかに1回だが、今季ここまでの出場時間はA・アーノルドの1080分に対しデ・ブライネは877分。2試合分以上プレイタイムが少ないにもかかわらず、この男はトップの座に立っているのだ。

同メディアがデ・ブライネをプッシュする理由は他にも。同選手は流れの中から創出したチャンスもリーグトップなのだ。デ・ブライネが記録した数字は30回。そして、またしても2位はA・アーノルドだが、こちらは24回となっており6回の差がついている。

こうして見ると、DFながら両部門で2位にランクインするA・アーノルドの素晴らしさも再認識させられる。しかし、やはり出場時間が少ないハンデを背負いながらもトップに立つデ・ブライネの存在感が際立っているのも事実だ。類稀なるパスセンスと視野の広さで、次々とチャンスを生み出すマンCの天才司令塔。今回のデータから見ても、現時点では彼こそがプレミア最高のチャンスクリエイターと言って差し支えないだろう。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は“新監督”にフォーカス。ランパード、サッリなど、新天地でサポーターの心を掴みはじめた新指揮官たちが欧州を熱くする!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ