中村俊輔・史上最高のFK 13年後の今でも“左の杖”と絶賛される伝説の一撃[映像アリ]

セルティックを決勝Tへ導いた中村 photo/Getty Images

今でも伝説として語り継がれる

これまでのキャリアで数多くのフリーキックを沈めてきた横浜FC所属MF中村俊輔だが、その中でも伝説の一撃と騒がれ続けるゴールがある。

今からちょうど13年前の11月21日、チャンピオンズリーグ2006-07シーズンのグループステージ第5節マンチェスター・ユナイテッド戦で決めたフリーキックだ。

もう13年も経っているのだが、英『SportBible』は13年前の記憶と題して改めて伝説のフリーキックと特集している。

当時のマンUはチャンピオンズリーグでも上位を狙えるスター軍団で、ゴールは名手エドウィン・ファン・デル・サールが守っていた。そのゴールを中村の左足が切り裂くことになり、ここでマンUを撃破したセルティックはグループ2位で決勝トーナメント進出を決めている。スコットランドの超名門クラブとはいえ、セルティックがチャンピオンズリーグ決勝トーナメントに進むのは偉業と言っていい。

そんな快挙を実現した中村について、同メディアは史上最高のキッカーの1人と絶賛する。

「日本のMFは間違いなくサッカー界史上最高のフリーキッカーの1人であり、左足の杖で多くのセットプレイを決めてきた。その中でも、この2006年11月21日にチャンピオンズリーグで決めたフリーキックは恐らく彼のベストな一撃だ。世界最高のGKの1人であるファン・デル・サール相手に決めたという事実がこの一撃をよりスペシャルなものとしている。彼は永遠にセルティックのレジェンドとして記憶されるだろう」

13年経った今でも伝説の一撃として取り上げられるのは特別なことで、いかにインパクトあるゴールだったかが分かる。他にも中村はキャリアの中で美しいフリーキックを何本も決めてきたが、やはり1番印象に残っているゴールはマンU相手の2発なのだろう。



●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は“新監督”にフォーカス。ランパード、サッリなど、新天地でサポーターの心を掴みはじめた新指揮官たちが欧州を熱くする!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ