レアルの守護神クルトワが明かした自信「僕レベルのGKになると……」

徐々に本来のパフォーマンスを取り戻しつつあるクルトワ photo/Getty Images

5試合連続完封勝利に貢献

レアル・マドリードは9日、リーガ・エスパニョーラ第13節でMF乾貴士が所属するエイバルと対戦。カリム・ベンゼマの2ゴールなどで4点を奪い、4-0でエインバルを撃破した。この結果、首位バルセロナをきっちり追走し(同じ勝ち点)、2位をキープしている。

この一戦でレアルの守護神を任されたベルギー代表GKティボー・クルトワ。エイバルに計14本のシュートを打たれるも、最後までゴールを守り切り、公式戦5試合連続となる完封勝利に貢献した。今季序盤戦は失点が目立ち、ファンやメディアから多くの非難を浴びてきた守護神だが、徐々に本来のパフォーマンスを取り戻しつつある。

ただ、スペイン『MARCA』によると、クルトワは苦しい時期を過ごした序盤戦も決して自身を疑うことはなかったという。インタビューで「(クリーンシートは)チーム全体にとっても素晴らしいことだ。GKが仕事をしただけではなく、チーム全体が仕事をした結果だからね。僕らは全員で守備をして、全員で攻撃をしなければならない。そうすれば、相手が僕らにゴールを決めることが困難になる」と述べつつ、次のように話している。

「僕はいつだって落ち着いていたよ。自分の価値を知っているからね。僕ぐらいのレベルのGKになると、より多くのゴールストップが期待される。僕は気分がいいよ。太陽は常に昇るものだし、自身を失うことはなかった」

クルトワはこの調子で、レアルに1つでも多くの白星をもたらすことができるのか。今後の活躍にも注目が集まる。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ