C・ロナウドのペースが上がらない マンU時代以来となる低調な記録とは

ユヴェントスのロナウド photo/Getty Images

まだ今季は複数得点なし

今のユヴェントスFWクリスティアーノ・ロナウドは不調なのだろうか。ここまで13試合を戦って6得点2アシストの成績を残しており、それほど悪い数字ではない。ただ、例年に比べるとややペースが鈍い。

伊『Corriere di Torino』によると、現段階で6得点しか奪えていないのは2006-07シーズン以来となるスローペースだという。まだマンチェスター・ユナイテッドに在籍していた2006-07シーズンは、開幕から12試合を消化した段階で4得点止まりだった。

2008-09シーズンも立ち上がりは今と同じ6得点だったが、当時は怪我の影響もあって出場試合数が今よりも少なかった。レアル・マドリード時代では考えにくい鈍いスタートとなっているようだ。

今季もチームを勝利へ導く決定的な得点をいくつか決めているが、まだ複数得点を記録した試合がない。これはやや寂しく、セリエAとチャンピオンズリーグで得点王の個人タイトルを狙うには不十分な序盤戦と言えよう。

ロナウドも34歳を迎えているため、どこかで衰えてくる部分はあるはず。今季はややエンジンのかかりが鈍い立ち上がりとなっているが、ここからゴールラッシュで挽回することはできるのか。ペースが上がらなければ、ロナウドが衰えたとの意見が増えてくるはずだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ