新監督探すバイエルン、早速1人の候補にフラれる 「興味がない」

バイエルン行きの噂を否定したPSGのトゥヘル監督 photo/Getty Images

後任探しに奔走

3日に昨季より指揮を執っていたニコ・コヴァチ監督を解任したバイエルン・ミュンヘン。同クラブは今季、ブンデスリーガ第10節終了時点で5勝3分2敗の4位。現地メディアによると、この状況を重く見たコヴァチ監督は1-5の完敗を喫したフランクフルト戦後にクラブ上層部に辞任を申し出たという。後任が決まるまでの期間はアシスタントコーチを務めていたハンジ・フリック氏が指揮を執ることが発表されたが、その動向には注目が集まっている。

現在、有力な候補としては昨季途中までマンチェスター・ユナイテッドを指揮していたジョゼ・モウリーニョ氏や、昨季限りでユヴェントスの監督を辞任したマッシミリアーノ・アッレグリ氏などが浮上している状況。しかし、バイエルンは現職の指揮官にも興味を抱いているようで、パリ・サンジェルマンのトーマス・トゥヘル監督にアプローチをかけたと仏『EUROSPORT』が伝えている。過去には同クラブのライバルであるドルトムントを指揮したトゥヘル監督。ブンデスリーガ経験者とあって、バイエルンが目をつけるのも無理はないだろう。

しかし、トゥヘル監督にその気はないようだ。英『Daily Mail』によると、PSG指揮官は現地時間5日に行われたチャンピオンズリーグのクラブ・ブルッヘ戦前の会見でこの噂を一蹴。ドイツ行きを明確に否定している。

「バイエルンへ行くかって? Noだ。興味がないよ。私はPSGの監督だ。今季はまだ契約が残っているし、来季もこの仕事を全うするつもりだよ」

やはり、さすがに現職の監督を引き抜いてくるのは不可能か。『EUROSPORT』はトゥヘル監督がバイエルンに対して「来季からなら指揮できる」と返事をしたと伝えていたが、今回の発言でその可能性も潰えたと言っていいだろう。

早速1人の候補にフラれてしまったバイエルン。はたして次にドイツの名門を指揮するのは誰か。信頼できる人物に任せたいところだが。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ