セリエA“2強”から陥落 アンチェロッティ・マジックは2年目で終わるのか

ナポリを指揮するアンチェロッティ photo/Getty Images

今や2強はインテルとユーヴェ

今季こそナポリがセリエA制覇に届くのではないか。今季開幕前には、そうしたポジティブな意見もあった。ユヴェントス、インテル、ローマなど、上位クラブで次々と監督交代が起きたからだ。

それに対してナポリはカルロ・アンチェロッティ体制2年目を迎えることになり、チームの成熟度ではライバルを上回る。マウリツィオ・サッリを迎えた王者ユヴェントスがこれまで通りの安定感を披露するかも分からないため、ナポリサポーターも期待をかけていたことだろう。

ところが、ナポリの立ち上がりは鈍い。格下相手に引き分けるゲームも目立ち、ここまでは5勝3分3敗の7位に沈んでいる。すでに首位ユヴェントスとは勝ち点差11がついており、これはナポリサポーターが望んでいたスタートではない。ユヴェントスもサッリの下で勝ち点を順調に積み重ねているため、この11点差をひっくり返すのは至難の業だろう。

しかも今やユヴェントスとスクデットを争うのはアントニオ・コンテを迎えたインテルで、セリエAではすっかりユヴェントスとインテルが2強となってしまった。ナポリは蚊帳の外となってしまい、今では話題に上がる機会も少なくなってきている。

伊『Corriere Della Sera』によると、この成績からアンチェロッティとアウレリオ・デ・ラウレンティス会長の関係が冷えてきているようで、アンチェロッティ体制は今季限りで終わるとの見方が強くなってきている。少なくとも現在の成績でクラブ上層部が納得するはずはない。

PSVからFWイルビング・ロサノ、ローマからDFコスタス・マノラスなど、今夏の市場でナポリは積極的な動きを見せたのだが、それも今ひとつ機能していない。名将アンチェロッティにとってはピンチだが、このまま成績を好転させることはできないのだろうか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ