マンUにいる“タックルモンスター” 右サイドで相手の進撃阻む21歳

前節ノリッジのカウンターを悉く阻んだワン・ビサカ photo/Getty Images

ノリッジ戦で輝き放つ

今季からマンチェスター・ユナイテッドに加わった21歳が、プレミアリーグ“最高級の守備者”として覚醒しつつある。リーグ戦第10節のノリッジ戦で輝きを放ったDFアーロン・ワン・ビサカのことだ。

この試合でノリッジのカウンターをことごとく阻止し、中を抉られた際にも内に絞って冷静な対応を見せたワン・ビサカ。今や彼の代名詞となっている強烈なタックルも冴え渡った。英『The Sun』によると、ノリッジ戦でワン・ビサカが記録したタックル数はなんと11回。これは今季プレミアリーグのクラブに所属する選手が1試合に記録した最多のタックル数だという。

今季ここまでの総タックル数を見ても、ワン・ビサカがプレミア屈指の守備者であることが見て取れる。2019-20シーズンに彼が仕掛けたタックルは通算44回。これはレスターに所属するDFリカルド・ペレイラ(47回)とMFウィルフレッド・エンディディ(45回)に次ぐ3位の数字だ。しかし、ワン・ビサカは怪我の影響などもあってここまでリーグ戦の出場はまだ8試合。ペレイラが10試合、エンディディが9試合をこなしていることを考えるとペース的には彼がトップだ。

マンUにいる“タックルモンスター”ワン・ビサカ。彼の加入によって昨年崩壊してしまった同クラブの守備陣はかつての安定を取り戻すことができるか。これからもこの21歳はイングランドの名門において、右サイドを支配し続けることだろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ