マンU史上屈指のドリブラーが振り返る 現役時代“最も厄介”に感じたDFとは

かつてマンUで切れ味抜群のドリブルを披露したギグス photo/Getty Images

アーセナルのレジェンドDFを挙げる

どれだけ優秀なアタッカーでも、できれば対戦したくないと感じるDFが一人はいることだろう。一度嫌なイメージがついてしまえば、それを完全に払拭するのは難しい。かつて抜群のドリブルスキルであらゆるDFを苦しめてきた元マンチェスター・ユナイテッドのライアン・ギグス氏にも、そういう相手がいたようだ。

それは当時アーセナルの右サイドバックに君臨していたリー・ディクソン。アーセン・ヴェンゲル監督の下で「フェイマス4」と呼ばれる鉄壁最終ラインの一角を担った名手だ。英『Manchester Evening News』によると、ギグス氏は当時を振り返りながら次のように好敵手を語っている。

「リー・ディクソンは最も困難な相手の1人だったよ。彼は素早いだけでなく、優れた知性も持ち合わせていたからね。ディクソンは私に対して常に正しい距離をとってきたと思う。全てのサイドバックがそうだったわけではない。彼はとても素早く僕のマークについてきた。とにかく賢かったね。ハイベリー(アーセナルの旧ホーム)のピッチはタイトだったから、彼と対戦するのはそこよりもオールド・トラッフォードの方が楽しかったね。長きにわたって彼と相対してきた。彼はクレバーで、勇敢で、スピードがあって、よく私に突破することを諦めさせた」

他にも自身が苦手としていた選手として、カフーやハビエル・サネッティといったレジェンドを挙げたギグス氏。しかし、その中でもイングランドで幾度となくマッチアップしたアーセナルのレジェンドDFは特別な存在のようだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ