ファティだけじゃない 神戸戦にも出場していたバルサの若きDFに集まる注目

ウルグアイの世代別代表でもプレイするアラウホ photo/Getty Images

セビージャ戦の招集メンバーに

今季のバルセロナでは16歳FWアンス・ファティ、21歳のFWカルレス・ペレスなどカンテラ(下部組織)出身選手たちの活躍が光っているが、また1人下のカテゴリーから上がってきた選手がいる。

6日に行われるリーガ・エスパニョーラ第8節でセビージャと対戦するバルセロナの招集メンバーには、20歳のウルグアイ人DFロナウド・アラウホが含まれている。191cmのサイズを誇る大型センターバックのアラウホは、普段バルセロナのBチームでプレイしている選手だ。

それでも評価は高く、スペイン『MARCA』はフィジカルの強さに加えてボールの動かし方も理解していると称賛。将来的にはトップチームでポジションを確保するだけの力があると考えられているようだ。

またアラウホは、今夏に行われたヴィッセル神戸とのプレシーズンマッチにも先発出場していた選手でもある。あのゲームを見ていた人の中には、2得点を決めたカルレス・ペレスと一緒にアラウホのことを記憶したという人もいるだろう。

今のところバルセロナはアラウホ育成プランとして来夏にレンタル移籍させる案も練っているようだが、また1人Bチームから成功を収める者が現れるのか。今季は怪我人が続出していることも影響しているが、再び下のカテゴリーで技術を伸ばす若手選手たちに注目が集まっている。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ