メッシ、C・ロナウド、ムバッペ! 現“欧州最強の攻撃軍団”TOP5

攻撃自慢のPSG photo/Getty Images

No.1はどこだ

欧州最強の攻撃陣を抱えるのはどのクラブだろうか。今夏の市場でも様々な動きが起こったが、英『TalkSport』が現段階での「欧州攻撃力ランキング」を作成している。

5位:ユヴェントス

今夏のユヴェントスは攻撃陣を強化したわけではないが、クリスティアーノ・ロナウドがいるだけで十分な脅威となる。パウロ・ディバラでもスタメンに入れないだけの層の厚さもあり、ゴンサロ・イグアイン、ドウグラス・コスタらタレントは揃う。あとは指揮官マウリツィオ・サッリが上手く彼らの能力を引き出せるかどうかがポイントだ。

4位:リヴァプール

リヴァプールも今夏の市場で前線を強化したわけではない。それでもモハメド・サラー、サディオ・マネ、ロベルト・フィルミーノの3トップは強力で、サラーが加わった2017年から3人は計169ゴールに絡んでいる。ユルゲン・クロップのスタイルもしっかりと選手たちに浸透しており、個の面でも組織の面でも彼らの攻撃を抑えるのは難しい。

3位:マンチェスター・シティ

マンCの場合はチャンスメイクの質が非常に高い。ベルナルド・シウバ、ダビド・シルバ、ケビン・デ・ブライネら世界トップクラスのチャンスメイカーが揃っており、この中盤の破壊力は欧州屈指だ。そこにプレミアトップクラスの得点力を誇るセルヒオ・アグエロ、コパ・アメリカで覚醒した感もあるガブリエウ・ジェズス、得点力が飛躍的に上がったラヒーム・スターリングが絡む攻撃は破壊力抜群だ。相手DFを崩すクオリティは欧州屈指のものがあり、どのクラブでも対応に手を焼くことだろう。

2位:バルセロナ

今夏にアントワーヌ・グリーズマンを加え、さらに攻撃陣が豪華となった。ルイス・スアレス、リオネル・メッシ、ウスマン・デンベレらワールドクラスのタレントが揃っており、選択肢は多い。若いカルレス・ペレスも順調に伸びており、スタメンもベンチも豪華だ。上手くローテーションさせていくこともできるはずで、国内リーグとチャンピオンズリーグのダブルを達成するためにも疲労を軽減させながら戦っていきたい。それを実現するだけの陣容は揃っており、エルネスト・バルベルデがどう彼らを回していくのか注目される。

1位:パリ・サンジェルマン

そして1位は今夏の市場で話題の中心となっていたパリだ。ネイマールが退団するかどうかに注目が集まったが、最終的には残留。さらにインテルからFWマウロ・イカルディを獲得したため、前線は恐ろしいことになっている。キリアン・ムバッペ、エディンソン・カバーニ、アンヘル・ディ・マリアらワールドクラスのタレントが揃っており、指揮官トーマス・トゥヘルが彼らを上手く融合させることができれば面白い。個の力では欧州でも圧倒的で、あとは組織として機能するかどうかだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

久保建英がカバーの最新号は、欧州4大リーグからJリーグまで網羅したヤングスター特集。今、サッカー界を熱くしてくれる期待のU-22選手はこの29人だ!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=360

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ