「100%ミスを犯した」 アーセナルの“生え抜きFW”売却は間違いだったのか

今夏エヴァートンへ移籍したイウォビ photo/Getty Images

評価は人それぞれのよう

今夏移籍市場で積極的な動きを見せたアーセナル。FWニコラ・ペペやDFダビド・ルイスを獲得した補強策に舌を巻いたファンも多いことだろう。予算が少ないと言われる中でうまくやりくりした印象だ。

さらに、放出面においても今夏のアーセナルは抜け目なかった。なかでもFWアレックス・イウォビを3500万ポンドでエヴァートンへ売却した取引は見事と言っていいだろう。次々と補強が成立する中、前線で余剰人員となりつつあった彼を手早く売却した動きにはファンからも称賛の声が相次いだ。

しかし、このイウォビ売却は致命的なミスだったと語る人物がひとり。かつてアーセナルで活躍したヌワンコ・カヌ氏だ。英『Daily Mirror』によると、同氏はイウォビの放出を理解できないことと主張し、次のように語っている。

「私はアーセナルが100%ミスを犯したと断言する。なぜ彼らがイウォビを手放したのか、私には理解できないよ。彼はいつもクラブのためにベストを尽くしていた。ファンは彼に感謝する必要があった。彼は若いながらもアーセナルをよく知っていたし、このクラブに骨をうずめたいと願う選手だった。イウォビを失ったことに私は大きなショックを受けたね。信じたくなかったよ」

カヌ氏は古巣の生え抜きFW売却をとても残念に思っているようだ。補強、放出の評価は人それぞれ。全員が納得する取引はなかなかないと言ったところか。

はたして、アーセナルの今夏移籍市場における戦略はどのような結果を生むのか。周囲の雑音を振り払うほどの快進撃を見せたいところだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ