ついに“マンU伝説CBコンビ”の後継者見つかる!? 今こそ堅守取り戻す時

マンU支えたファーディナンドとビディッチ photo/Getty Images

今後5年はチームを支える存在に

ここ10年ほどのマンチェスター・ユナイテッドを振り返る時、最も良い時間だったのは2006年から2008年あたりではないだろうか。2006-07シーズンからプレミアリーグを3連覇し、2007-08シーズンにはチャンピオンズリーグ制覇も達成。続く2008-09シーズンも優勝は逃したが、チャンピオンズリーグ決勝へと駒を進めている。

そのチームを後方から支えていたのがリオ・ファーディナンドとネマニャ・ビディッチの強力センターバックコンビだ。この2人とGKエドウィン・ファン・デル・サールを合わせた守備は非常に安定しており、当時は世界トップレベルの堅守を誇っていた。

ただ、ファーディナンド&ビディッチのコンビ以降はセンターバックに当たりが出なかった。2人は2014年に揃ってクラブを離れたが、それ以降クラブはプレミアを制覇できていない。近年もマンUの守備はどこか脆かった。

しかし、ついに2人に代わる強力センターバックコンビが完成するかもしれない。英『Daily Mail』が大きな期待をかけているのは、ヴィクトル・リンデロフとハリー・マグワイアのコンビだ。

リンデロフは昨季も指揮官オーレ・グンナー・スールシャールの信頼を掴んでいたが、その相棒として今夏にマグワイアをレスター・シティから引き抜くことに成功。同メディアもついに正しいコンビを見つけたと感じているようで、2人は開幕節からチェルシーをシャットアウトしてみせた。

もちろんまだリーグ戦1試合が終わっただけで、現段階でファーディナンド&ビディッチのコンビと比較することは難しい。しかし、可能性を感じさせるコンビなのは間違いない。しかもリンデロフは25歳、マグワイアは26歳と若い。今後5年ほどはコンビを組むことができるはずで、伸びしろがあるのも興味深いポイントだ。

名将アレックス・ファーガソン氏が去ってからマンUはリーグ制覇を達成できていないが、ファーディナンド&ビディッチの後継となるコンビがその流れを止めるのか。今こそマンU自慢の堅守を取り戻す時だ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ