目指すは“クリスティアーノ・ロナウド化”! 若きマンUのエースが進化する時

マンUのラッシュフォード photo/Getty Images

驚異の点取り屋へ

ロメル・ルカクが去った今、マンチェスター・ユナイテッドを最前線から引っ張るべきはFWマーカス・ラッシュフォードだ。今季開幕節のチェルシー戦では2得点を挙げる活躍を見せたが、ラッシュフォードがどこまで得点数を伸ばせるかが今季のカギとなる。

それは指揮官オーレ・グンナー・スールシャールも理解している。ラッシュフォードを真の点取り屋へと成長させるべく、特別なトレーニングに取り組んでいるというのだ。目指すは、ラッシュフォードのクリスティアーノ・ロナウド化だ。

若い頃のロナウドはサイドでトリッキーなドリブルを披露するタイプだったが、年齢を重ねるとともに点取り屋へと成長。今では世界最高クラスのストライカーになった。

英『Daily Mirror』によると、スールシャールはロナウドが取り組んでいたトレーニングと同じものをラッシュフォードにも課しているという。トレーニングは1タッチ、2タッチでシュートを打つシンプルなものとなっているようだが、ロナウドも1タッチゴーラーとして得点を量産するようになった。1タッチでシュートを沈めるには日々のトレーニングが重要なのだろう。

マンU在籍当時のロナウドはルート・ファン・ニステルローイやルイ・サハ、アンディ・コール、スールシャールらの映像を見て判断力やゴール前での動き出しなどについて学んだという。ラッシュフォードもウイングでプレイする機会があったが、今季は中央でプレイするケースが増えていくはずだ。ロナウドのように得点を量産する真のストライカーへ。ラッシュフォードにとって特別なシーズンとなるかもしれない。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)、最新号を無料で公開中!

日本初の電子サッカーマガジンtheWORLD(ザ・ワールド)。最新号は、本誌初のJリーグ特集! 名古屋グランパスの風間監督、大分トリニータの片野坂監督の独占ロングインタビューも奪取しました!!

こちらから無料でお読みいただけます
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=358/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ