今季の”プレミア得点王”は誰になる!? 予想1番人気となった点取り屋は

トッテナムのケイン photo/Getty Images

昨季は3人が並んで得点王に

昨季のプレミアリーグではリヴァプールのサディオ・マネ、モハメド・サラー、アーセナルのピエール・エメリク・オバメヤンが揃って22得点を記録し、得点王に輝いた。プレミアの得点王争いは予想するのが難しく、今季もまた違った戦いが見られるだろう。

では、今季の得点王候補は誰なのか。英『The Sun』がオッズを紹介しているが、1番人気はトッテナムFWハリー・ケインだ。ケインは昨季負傷していた期間があり、得点王レースで後れを取ってしまった。しかし、体調が万全ならば30点近く奪える選手だ。得点王候補に挙がるのは当然と言えよう。

ケインに続くのは、サラー、セルヒオ・アグエロ、オバメヤン、マネ、ラヒーム・スターリングと、さすがにリヴァプールとマンCの選手が多い。彼らの攻撃力が脅威なのは明らかで、彼らも得点王レースに絡んでくるだろう。

その一方で不安視されるのが、マンチェスター・ユナイテッドとチェルシーだ。今回のオッズではマンUのFWマーカス・ラッシュフォードが9番人気、チェルシーFWオリヴィエ・ジルーが13番人気となっており、両チームには得点王レースに絡めるであろうストライカーが見当たらない。ここは他のトップ6との大きな違いだ。

トッテナム、リヴァプール、マンC、そして今夏に積極的な補強を見せたアーセナルには、相手チームをねじ伏せるだけの攻撃力がある。それはマンU、チェルシーに欠けているものと言えるが、ストライカーの差が順位表にどのような影響を与えるのか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ