もっと評価してくれても…… モウリーニョが語るマンU時代

無所属の状態が続くモウリーニョ photo/Getty Images

成し遂げたことをもっと評価すべきと主張

マンチェスター・ユナイテッドの監督を昨季途中で解任されたジョゼ・モウリーニョ氏。2016-17シーズンにヨーロッパリーグ優勝を果たし、その翌年にはチームをプレミアリーグ2位に引き上げた同氏だが、結局昨季は解任されるまでチームを浮上させることができなかった。そんなモウリーニョ氏がマンチェスターで過ごした時間を語っている。

最後の1シーズンで評価を落としてしまったモウリーニョ氏。しかし、本人はそれまでの実績をもっと考慮してほしいと訴えている。英『Sky Sports』のインタビューに対して、このポルトガル人は次のように述べた。

「マンUでの時間は簡単なものではなかったと言えるね。私は常にヨーロッパリーグ優勝はファンタスティックなことだと感じていたが、人々はそうではなかった。リーグ2位フィニッシュもそれ以上の成功だった。だから『私はうまいこと仕事をこなしているし、チームやファンにあらゆることを与えている。だけど、まだそれに見合う称賛は得られていないな』と思っていた」

モウリーニョ氏は自身がファンやクラブ関係者から過小評価されていると感じていたようだ。しかし、長年サー・アレックス・ファーガソンが率いるチームを見てきた人々を満足させるのは至難の業。マンUのファンを納得させるには、チャンピオンズリーグで優勝するほどのインパクトを残さないといけないのかもしれない。

マンUでの時間を振り返ったモウリーニョ氏。いまだ無所属の状態が続いているが、近いうちに彼が現場へ戻ってくることはあるのだろうか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.253 激化するスクデット争い

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ