最強ユニットの1つMSNを超えるかも!? スペイン紙が期待する”MSG”

バルセロナが誇ったMSN photo/Getty Images

バルサで新たに完成するであろうトリデンテ

アトレティコ・マドリードからFWアントワーヌ・グリーズマンを獲得したバルセロナでは、新たなトリデンテ(3トップ)が誕生することになるのだろうか。グリーズマンの名前を取るなら、新たなトリデンテはMSGと名付けられそうだ。

バルセロナで猛威を振るった攻撃ユニットと言えばリオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールの3人で構成されるMSNだ。このユニットは2015-16シーズンに合計131ゴールを奪っている。

内訳はメッシが41得点、スアレスが59得点、ネイマールが31得点となっており、史上最高のユニットとも言われる。これを超えるユニット誕生は難しいかもしれないが、スペイン『MARCA』は、グリーズマンを加えたMSGならば超えられる可能性があるのではと期待をかけている。

やや強引な考えではあるものの、グリーズマンは2015-16シーズンにアトレティコで32得点を挙げている。つまり当時のネイマールより1点多い。仮にメッシとスアレスが同じ得点数を挙げれば、MSGの総得点は132点に乗ることになる。

もちろんMSNは3人の連携が抜群だったからこそ得点を量産することができた。MSGが同じように機能するかは分からない。ただ、期待できるユニットなのは間違いない。

今夏にはネイマール復帰案も囁かれており、MSNGになるかもしれない。前線の構成がどう変わっていくのか楽しみだが、攻撃陣大爆発となるか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.240 V字回復への処方箋
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ