メッシ、ファン・ダイクよりバロンドールにふさわしい? ”4人目”の有力候補

リヴァプールのアリソン photo/Getty Images

3つのコンペティションでゴールデングローブ賞獲得

今のところ今年のバロンドールにはチャンピオンズリーグを制したリヴァプールからDFフィルジル・ファン・ダイク、リーガ・エスパニョーラを制したバルセロナFWリオネル・メッシ、セリエAとネーションズリーグを制したユヴェントスFWクリスティアーノ・ロナウドの3人が有力候補に挙げられている。

3人とも見事なシーズンを過ごしたが、ここにもう1人加えるべきではないのか。米『ESPN』が提案したのは、リヴァプールGKアリソン・ベッカーだ。ファン・ダイクと同じくリヴァプールの一員としてチャンピオンズリーグを制したのはもちろん、ブラジル代表の守護神としてコパ・アメリカ2019も制覇してみせた。タイトルの数は申し分ない。

加えて個人の成績も見事だ。アリソンはプレミアリーグ、チャンピオンズリーグ、コパ・アメリカと3つのコンペティションでゴールデングローブ賞を獲得しているのだ。今季のパフォーマンスは文句のつけようがなく、チームでも個人でもトップクラスの成績を残している。

GKはアタッカーと違って得点数のような分かりやすい数字がないため、個人賞を獲得しづらいところがある。GKがバロンドールを受賞する難しさがそこにあるのだが、同メディアの提案にSNS上でも意見は分かれている。

「アリソンかファン・ダイクだ」

「3つのゴールデングローブ賞は十分なパフォーマンスだ」

「2014年のノイアーでも獲得できなかった。だからNoだ」

唯一リーグ制覇できていないところが引っかかるポイントかもしれないが、アリソンの成績は見事だ。メッシやファン・ダイクらと同じレベルで議論されるべきか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ