ルカクが移籍するなら代役候補はこの“4名”だ! 英メディアが推薦したのは

インテル移籍が濃厚なルカク photo/Getty Images

マンUは前線の補強に動く?

インテルへの移籍が目前に迫っているとされるマンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表FWロメル・ルカク。今季は12月から就任したオーレ・グンナー・スールシャール監督の下で序列を落としたものの、彼がいまだに世界トップレベルのストライカーであることに疑いの余地はない。放出となればマンUにとっては少なからず痛手だ。ルカクを手放すのなら、それ相応の後釜を確保したいところだ。

では、いったい誰が候補となるのか。英『sportskeeda』は4名をマンUに推薦している。

・ピエール・エメリク・オバメヤン(アーセナル/30歳)



まずは今季のプレミアリーグ得点王。アーセナルは全力で彼の慰留に努めるだろうが、一瞬で相手を置き去りにするスピードは魅力的だ。ルカクはポストプレイでカウンターの起点になる選手だったが、オバメヤンは裏への抜け出しこそが最大の武器。カウンターを得意とする選手でも趣向を変えてみるのは面白いかもしれない。

・ティモ・ヴェルナー(ライプツィヒ/23歳)



ヴェルナーも爆発的なスピードを活かしてDFの裏を狙うFWだ。典型的なカウンターアタッカーで、パスの引き出し方は秀逸。もともとウインガーだったこともあり、ボール保持時にドリブル突破を図れる点も好材料だ。年齢もまだ23歳で長く柱として活躍してくれることだろう。それだけに人気銘柄だが、はたして。

・セバスティアン・ハラー(フランクフルト/25歳)



ルカ・ヨビッチ、アンテ・レビッチと形成したフランクフルトの強力3トップはブンデスリーガのチームを震え上がらせた。今季この25歳は公式戦41試合の出場で20ゴール12アシストをマーク。その得点能力の高さだけでなく、190cmの体格を活かしたポストプレイも魅力的だ。タイプが似ているだけに、ルカクの仕事をそのまま任せたいなら彼が第一候補となるだろう。

・ウィサム・ベン・イェデル(セビージャ/28歳)



最後はセビージャの点取り屋だ。170cmと小柄ながら巧みなボールコントロールと機敏な動き出しで違いを生む。左右両足での得点数がほぼ一緒という器用さも魅力の1つだ。今季は公式戦54試合の出場で30ゴール11アシストを記録している。中央でもサイドでもプレイ可能な彼は重宝することだろう。

はたして、この中で来季マンUの一員としてオールド・トラッフォードのピッチに立つ者はいるのか。いずれの選手も加入となれば、大きな戦力となることは間違いない。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)
最新号は、現在熱い戦いが繰り広げられているコパ・アメリカ完全ガイド!
以下のリンクから無料配信中です
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=356/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ