“Jリーグ最高の若手”の1人がバルサへ? 韓国メディアも注目する若き才能

コパ・アメリカに出場した安部 photo/Getty Images

続くバルサ行きの話題

バルセロナが若い日本人選手に関心を示している。先日そう報じたのはスペイン『Mundo Deportivo』だ。バルセロナは久保建英をレアル・マドリードに奪われる格好となり、その代わりに日本人選手を探しているのではと言われているのだ。

ターゲットに挙げられたのは、コパ・アメリカにも出場した鹿島アントラーズMF安部裕葵、さらにU-20ワールドカップに高校生ながら出場したFW西川潤の2人だ。そしてこの話題には韓国『スポーツソウル』も注目している。

同メディアは鹿島の安部について、「安部は日本代表の一員として今夏のコパ・アメリカにも出場した有望株。若手ながら強豪鹿島で多くの試合に出場しており、Jリーグ最高の若手の1人に挙げられる」と非常に高く評価している。安部はクラブワールドカップでも得点を決めた実績があり、近い将来A代表の主力になる逸材と捉えられているのだろう。

西川もU-20ワールドカップで満足なパフォーマンスは見せられなかったが、高校サッカー界での評価は群を抜いている。どの選手もバルセロナに向かう場合はBチームからの出発となるようだが、実現すれば非常に面白い。

安部と同じくコパ・アメリカに出場した松本山雅FW前田大然もバルセロナが興味を示しているとの話題が出ていたが、久保に代わる日本人選手がバルセロナへ向かうシナリオは実現するのか。アジアのライバルである韓国も動きに注目しているようだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)
最新号は、現在熱い戦いが繰り広げられているコパ・アメリカ完全ガイド!
以下のリンクから無料配信中です
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=356/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ