代表ではメッシよりC・ロナウドが上!? ”40点差”が持つ意味とは

ポルトガル代表のロナウドとアルゼンチン代表のメッシ photo/Getty Images

ロナウドはポルトガル代表でタイトルも獲得

リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドはクラブでこそ驚異的なパフォーマンスを披露するが、代表戦になると影響力が弱まる。以前はこんなことも言われていたが、ポルトガル代表のロナウドがEURO2016を制覇したあたりから状況は変わり始めている。ポルトガルはネーションズリーグでも王者になっており、ロナウドは代表の舞台でもタイトルを獲得している。

一方でメッシは15日からスタートしたコパ・アメリカ2019でも初戦のコロンビア代表戦を0-2で落とすなど、相変わらず代表では苦戦が続いている。気になるのは、メジャートーナメントにおける2人の得点数だ。

英『GIVE ME SPORT』が2人の代表戦での得点数を比較しているが、メッシはA代表で通算67得点、ロナウドは88得点を記録している。もちろん試合数に違いはあるのだが、興味深いのは親善試合での得点数だ。

メッシは親善試合で45戦32得点と大爆発しているのに対し、ロナウドは47戦17得点と少々振るわない結果になっている。ところが、ロナウドはワールドカップやEUROなど重要な戦いになるとギアが上がるのだ。

ロナウドはワールドカップ欧州予選と本大会、EURO予選と本大会、コンフェデレーションズカップ、ネーションズリーグを合わせると71得点を奪っている。対戦相手のレベルも異なるが、ロナウドはワールドカップ予選38試合で30得点12アシスト、EURO予選29試合で20得点4アシストを記録するなど一気にギアが上がる。

メッシはワールドカップ南米予選と本大会、コパ・アメリカを合わせて31得点となっており、やや親善試合との差が気にかかる。

同メディアは「ロナウドVSメッシの答えを出すのは容易ではないが、代表戦で議論するならば前者ロナウドの方が優位だろう」と伝えている。この議論を覆すには、やはりメッシが今回のコパ・アメリカでチームを勝利へ導く決定的なパフォーマンスを見せるしかない。ポルトガルとアルゼンチンではチームメイトのクオリティにも差が出てきているが、このままではメッシが代表戦になると影が薄くなるとの評価は変わらないはずだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ