インテルもレアルも、バルサも狙ってた! バイエルン愛貫いた男の成功

バイエルンのリベリ photo/Getty Images

ドイツで成功収め、クラブを去る

2007年にバイエルンへ加わり、FWフランク・リベリのドイツ生活は12年も続いた。その間数多くのタイトルを獲得することになったわけだが、リベリほどのアタッカーを世界が放っておくはずはない。過去にはリベリ獲得へ動いたメガクラブが数多くあったのだ。

リベリは今季限りでバイエルンを離れることになっているが、2009年にバイエルンを離れることもできた。独『Sport Bild』によると、リベリには7つものメガクラブからオファーが届いていたという。リベリも迷ったようだが、最終的にはバイエルンに残る決断を下す。

「クレイジーだが、7クラブも僕のことを欲しがったんだ。ユヴェントス、インテル、ミラン、チェルシー、レアル・マドリード、バルセロナ、マンチェスター・ユナイテッドがね。多くの考えが頭をよぎったし、簡単ではなかった。だが、その時ウリ・ヘーネス会長は何て言ったと思う?バルセロナにはメッシ、レアルにはロナウド、そしてバイエルンには君がいると。その後起きたことを考えるとバイエルンに残ったのは人生の中でも最高の決断の1つだよ」

リベリはこのようにコメントしており、バイエルンに残ったことで2012-13シーズンの3冠が実現した。残念ながらバロンドールは獲得できなかったが、2012-13シーズンのパフォーマンスはバロンドールに選ばれていても不思議はなかった。

リベリは12年過ごしたバイエルンを離れ、新天地を目指す。18日にはフランクフルトとのブンデスリーガ最終節、25日にはライプツィヒとのDFBポカール決勝が控える。国内2冠を達成してバイエルンを離れるのが理想のプランであり、アリエン・ロッベンとともに有終の美を飾りたいところだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ