岡崎慎司は愛されているぞ! ロジャース「彼の笑顔や熱意はレスターの歴史」

岡崎は2015-16シーズンにプレミアで奇跡の優勝を果たした photo/Getty Images

退団の意向をうけて指揮官がコメント

今夏レスターから退団する意思を表明した元日本代表FW岡崎慎司。その決断をレスターのブレンダン・ロジャース監督は真摯に受け止めている。

英『Leicester Mercury』によると、ロジャース監督は現地時間6日に行われるリーグ戦第37節のマンチェスター・シティ戦前の記者会見に出席。その場で岡崎の今夏去就について言及した。

「オカザキはここを去る。彼はクラブの歴史にレジェンドとして名を刻むよ。私はそれ(今夏の退団)について話した。彼はヨーロッパでストライカーとしてプレイする機会を欲していたんだ。彼の笑顔や熱意、クオリティはここで素晴らしい歴史の一部となった。あと少しだけだが臨むべき試合がある。彼はできる限り今までと同じ強度でチームを助けることを望んでいるよ。感謝されるだろうね」

退団の意思を伝えたからといって、指揮官が態度を変えることはないようだ。岡崎は今季ここまでリーグ戦に20試合出場。その中でも先発はわずかに1試合、得点はゼロだった。

先日、英『HITC』が同じプレミアリーグを戦うクリスタル・パレスに岡崎の獲得を進言したことは記憶に新しい。しかし、同メディアは岡崎のことを「前線の便利屋」として獲得すべきと主張した。クリスタル・パレスへ移籍となればプレミアにとどまることはできるが、本人の希望するストライカーとしてはプレイできない可能性が高い。はたして、欧州で点取り屋を希望する岡崎は今夏どこへ向かうのだろうか。日本だけでなく、レスターの人々も彼の復活を願っているはずだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ