ユーヴェの10番大ピンチ? アッレグリは来季の”トップ下”をもう決めている

アーセナルのラムジー photo/Getty Images

一部ではシステムが決まっているとの見方も

今季優勝候補と言われながらチャンピオンズリーグ準々決勝でアヤックスに敗れてしまったユヴェントスは、今夏に補強へ動いてくるだろう。最終ラインや中盤が補強ポイントの中心となってくるはずだが、ユヴェントスはすでに1人の即戦力獲得を決めている。アーセナルから合流するMFアーロン・ラムジーだ。

ラムジーはアーセナルでもその実力を存分に発揮しており、セリエAの環境に適応できれば問題なく活躍できるだろう。気になるのは、指揮官マッシミリアーノ・アッレグリがラムジーをどう起用するつもりなのかということだ。ラムジーはインサイドハーフやトップ下などでプレイ可能だが、伊『Gazzetta dello Sport』はすでにアッレグリの中で構想は固まっていると主張する。

同メディアによると、ラムジーが起用されるのはトップ下だ。システムは[4-3-1-2]となる予定で、その[1]の部分にラムジーが入ることになる。2トップの一角にはクリスティアーノ・ロナウドが入ってくることが確実で、相棒はマリオ・マンジュキッチだろうか。ラムジーはアーセナルでも同じシステムを経験しており、2トップの背後でプレイできることは証明済みだ。

ただし、この形になるとFWパウロ・ディバラをどう扱うのかが気になるポイントだ。伊『Calciomercato』は、ラムジーが合流すればディバラが退団することになるかもしれないと伝えている。ディバラがこのシステムでプレイする場合、ラムジーとトップ下の座を争うような格好となる。ディバラが負けると決まったわけではないが、今季もディバラは重要ないくつかのゲームでスタメンから外れている。アッレグリの構想に入り切れていない状態で、ラムジーが加わればピンチとなる。

このシステムとラムジーがユヴェントスのチャンピオンズリーグ制覇へのカギとなるのか。アッレグリの中では着々と来季への準備が進んでいるのだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ