トッテナムの”今季MVP”!? 大エース・ケインをアジア人FWが超えるのか

トッテナムのソン・フンミン photo/Getty Images

CLベスト4へ導けば文句なし

近年のトッテナムはFWハリー・ケインに得点部分の多くを頼っていたが、今は少し状況が違ってきている。ケインが離脱した場合でも、今のトッテナムには韓国代表FWソン・フンミンがいる。

英『BBC』は、「ソン・フンミンは今季のトッテナムMVPか?」とまで伝えており、アジア人アタッカーがトッテナム級のクラブでMVP候補になっているのは見事だ。得点数で見ればケインは負傷離脱しながらも全てのコンペティションで24得点、ソン・フンミンは18得点と差があるが、評価はややソン・フンミンの方が上回っているようにも感じられる。

ケインだけに原因があるわけではないが、今季ケインが離脱したゲームの全てでトッテナムは勝利を収めている。意外にもウォルバーハンプトン、バーンリー、サウサンプトンなどケインが得点を挙げたゲームで黒星を喫していることも多く、ケイン抜きの方が勝率が高くなるとの見方もある。

ソン・フンミンが評価を絶対的なものとするためには、17日に行われるチャンピオンズリーグ準々決勝2ndレグのマンチェスター・シティ戦がポイントとなる。ソン・フンミンは1stレグでもケインが途中交代した中で決勝点を挙げており、これでベスト4に進んだとなればソン・フンミンはサポーターの誰もが認める今季のチームMVPとなるはずだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ