プレミア優勝争いの主役はシティの“帰ってきた男”! ペップも活躍を絶賛

クリスタル・パレス戦2アシストのデ・ブライネ photo/Getty Images

復活を遂げたベルギー代表MF

現地時間14日に行われたプレミア第34節、2位マンチェスター・シティは敵地で12位クリスタル・パレスと対戦し3-1で勝利した。2ゴールを挙げたFWラヒーム・スターリングの活躍が目立った試合となったが、指揮官であるジョゼップ・グアルディオラは今季怪我で苦しみながらも2アシストを記録したMFケビン・デ・ブライネに対して惜しみない賛辞を送っている。

「(デ・ブライネがベストの状態に戻ることについて)疑いの余地はないね。ここ3、4試合でのデ・ブライネのプレイは信じられないほどだった。彼は他の人間が真似することのできないパス能力とビジョンを持っている。彼のパスから始まるアタッキング・サードにおける我々のテンポは抜群だよ」

英『Sky Sports』は、試合後このようにグアルディオラが語ったことを伝えている。また、同メディアでは指揮官の絶賛を受けたデ・ブライネのコメントも紹介。27歳のベルギー人はこの勝利に浸ることなく、先の戦いを見据えているようだ。

「プレミアリーグで優勝できなかった場合、それは失敗だと言えるだろう。でも、最後までいいパフォーマンスをしようと試みるだけだ。素晴らしいシーズンを過ごしたけど、ぼくらは明確に勝ちたいと思っているよ」

今季のデ・ブライネは怪我の影響もありリーグ戦17試合の出場にとどまっている。昨季フル回転で優勝に貢献しただけに、彼はどこか物足りなさを感じているのだろう。しかし、先制点の際に見せたスターリングへのスルーパスは見るものすべてに彼の完全復活を確信させる鮮やかなプレイだった。この日は首位リヴァプールも勝利しプレミア優勝争いはますます混迷を極めているが、頼もしい男の帰還でシティはさらに調子を上げそうだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.232 平成の日本代表クロニクル
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ