Jリーグの熱いクラブの名前も! 過去5年の”平均観客動員数”トップのリーグは

Jリーグを代表する熱きクラブの浦和レッズ  photo/Getty Images

リーグ、クラブ別で紹介

スイスを拠点とするサッカー調査機関『CIES Football Observatory 』は、2013年から2018年の平均観客動員数ランキングを紹介した。リーグ別、クラブ別に紹介されているのだが、これで分かるのはブンデスリーガの熱狂ぶりだ。

まずリーグの平均観客動員数ランキングは、以下の通り。

10位:ブンデスリーガ2部(ドイツ) 18,814人

9位:エールディヴィジ(オランダ) 19,154人

8位:MLS(アメリカ) 21,368人

7位:リーグ・アン(フランス) 21,556人

6位:中国スーパーリーグ(中国) 22,594人

5位:セリエA(イタリア) 22,967人

4位:リーガMX(メキシコ) 25.582人

3位:リーガ・エスパニョーラ(スペイン) 27,381人

2位:プレミアリーグ(イングランド) 36,675人

1位:ブンデスリーガ(ドイツ) 43,302人

注目すべきは、ブンデスリーガ2部が10位に入っていることか。2部でもブンデスリーガの盛り上がりは特別で、チームの順位に関わらず異様な空気がスタジアムを包む。

またアメリカのMLSが上がってきているのも面白い。2026年にはアメリカ、カナダ、メキシコの3国共催でのワールドカップも決まっており、一気にサッカー熱爆発となるかもしれない。

欧州4大リーグの1つでもあるセリエAがトップ4から漏れているのも特徴的か。メキシコといえば本田圭佑がプレイしていたパチューカも有名だが、メキシコの熱狂ぶりもかなりのものがある。

ちなみに、日本のJリーグはイングランド2部の1つ下の12位に入っている。平均観客動員数は18,227人だ。

次にクラブ別の平均観客動員数ランキングだ。

10位:アトランタ・ユナイテッド(アメリカ) 51,547人

9位:シュッツトガルト(ドイツ) 52,012人

8位:ハンブルガーSV(ドイツ) 52,349人

7位:アーセナル(イングランド) 59,793人

6位:シャルケ(ドイツ) 61,328人

5位:レアル・マドリード(スペイン) 69,822人

4位:バイエルン(ドイツ)73,781人

3位:バルセロナ(スペイン) 74,876人

2位:マンチェスター・ユナイテッド(イングランド) 75,218人

1位:ドルトムント(ドイツ) 80,230人


やはりと言うべきか、ドルトムントは圧倒的だ。日本代表MF香川真司も雰囲気に惚れ込んでいたが、ドルトムントのサポーターはいかなる時もチームを鼓舞している。現在2部で戦うハンブルガーSVが入っているのも特徴的で、現在このクラブでは酒井高徳、伊藤達哉がプレイしている。

またJリーグのクラブでは浦和レッズが36,468人で48位に入っている。浦和も熱いチームで、その空気感はJリーグ屈指のレベルにある。埼玉スタジアム2002の威圧感は世界に誇れるものと言えるだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外その他

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ