フランクフルトはFWとDFだけではない 称えられるべき”10番”の実力者

フランクフルトのコスティッチ photo/Getty Images

話題に上がることは少ないが

ブンデスリーガで好調を維持するフランクフルトでは、ルカ・ヨビッチ、セバスティアン・ハラー、アンテ・レビッチの強力3トップ、長谷部誠を中心とした3バックが注目を集めている。しかし、中盤の選手たちも忘れてはならない。

ブンデスリーガ公式が称えたのは、左サイドやインサイドハーフを担当する10番を背負うフィリップ・コスティッチだ。全てのコンペティションを含めると今季は8得点10アシストを記録しており、コスティッチもまたチームに欠かせない選手の1人なのだ。

そのコスティッチは前節シュッツトガルト戦で2得点を記録し、チームの3-0勝利に貢献。得点の大半は強力3トップが奪っているが、何も攻撃の脅威となるのは彼らだけではない。

コスティッチの能力は指揮官アディ・ヒュッターも認めている。今季は計35試合に出場しており、指揮官からも信頼されているのだ。

「彼はクラブに全てを捧げているし、ピッチの中でも外でも素晴らしいクオリティを見せているよ。彼は初日から印象的だったし、シュッツトガルト戦の2得点で再び評価を得たのは嬉しいね」

フランクフルトには来季のチャンピオンズリーグ出場権獲得も見えてきている。FW陣とDF陣だけでなく、彼らの間で奮闘するコスティッチらMF陣のことも忘れてはならない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ