マンU、今夏こそセンターバックの補強を 運命はローマの結果次第?

ローマの守備を支えるマノラス photo/Getty Images

ローマがCL出場権を逃せば……

マンチェスター・ユナイテッドは今夏、ローマからギリシャ代表DFコスタス・マノラスの獲得を画策しているようだ。

近年、センターバックの補強を試みるマンU。ディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリード)やジェローム・ボアテング(バイエルン・ミュンヘン)、トビー・アルデルヴァイレルト(トッテナム)といった欧州屈指のDFの獲得を目指してきたが、ことごとく失敗してきた。そして、今季は守備の不安定さが露呈し、17試合消化した時点で昨季の失点数を超える。今冬の補強が急務とされたが、新戦力の獲得は実現しなかった。

ジョゼ・モウリーニョを解任してオーレ・グンナー・スールシャールを暫定指揮官に招聘すると、チームは調子を取り戻し、チャンピオンズリーグ出場圏内を狙える位置まで浮上した(現在5位)。しかし、今後の結果に関わらず、今夏のセンターバック補強はマンUにとって必須事項といえよう。そんな中で白羽の矢が立ったのがマノラスだ。

以前から何度かマンU行きが噂されていたマノラス。今季セリエAで不調に陥っているローマの結果次第では、今夏に移籍が実現する可能性が高いようだ。英紙『Mirror』などが伝えている。同メディアらによると、マノラスの契約には、特別な解除条項が含まれているとのこと。ローマが来季のチャンピオンズリーグ出場権(セリエA4位以内)を逃した場合、3100万ポンド(約46億円)でチームを退団できるという。

ローマは現在、残り10試合となったセリエAで、4位ACミランと勝ち点差「4」の5位となっている。はたして、マンUはマノラスを獲得することができるのか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.232 平成の日本代表クロニクル
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ