アーセナルは”トップ4入り”の資格がある! 変わったライバルたちとの戦績

マンUを撃破したアーセナル photo/Getty Images

英メディアも称えるエメリ政権の変化

10日にマンチェスター・ユナイテッドを2-0で撃破したアーセナルは、これでリーグ戦におけるトップ6勢との戦いは全て消化した。現在は4位につけており、ウナイ・エメリ就任1年目からのトップ4フィニッシュも見えてきた。

何より大きいのは、トップ6勢との対戦成績だ。英『Football London』は今アーセナルが4位につけているのは、アーセン・ヴェンゲル体制だった昨季に比べてトップ6との対戦成績が改善されたのが大きいと取り上げている。

今季は10日のマンU戦を含め、トップ6相手に3勝を収めている。トッテナムとのダービーマッチ、完璧なプランでチェルシーを崩したゲームもそうだ。またトッテナム、マンU、リヴァプールとは引き分けのゲームも1試合ずつあり、合計すると今季はトップ6相手から12の勝ち点を得ている。

一方、昨季はトッテナムに1勝したのみとなっており、1勝3分6敗と負け越している。獲得した勝ち点は今季の半分の6ポイントで、これではトップ4入りが苦しくなる。マンチェスター・シティ相手には昨季に続いて連敗してしまったが、エメリの下で改善されている部分があるのは間違いない。

ウォルバーハンプトン、エヴァートンなど難敵との戦いも控えているが、トップ6との直接対決を終えたアーセナルには4位フィニッシュのチャンスがある。これを来季も続けることができれば、再びトップ4常連への道も見えてくるはずだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ