ビジャの“トーキック弾”にスペイン紙も脱帽「スーパークラスの証明」[映像アリ] 

リーグ戦2試合連続ゴールを挙げたビジャ photo/Getty Images

得点量産の予感

2019年よりヴィッセル神戸でプレイしているFWダビド・ビジャが、またも技ありのゴールを決めた。

同選手は10日に行われた明治安田生命J1リーグの第3節(ベガルタ仙台戦)に先発。1-1のタイスコアで迎えた後半開始早々、MFアンドレス・イニエスタの浮き球パスを受けたMF古橋亨梧が敵陣左サイドを駆け上がると、ペナルティエリア内へグラウンダーのクロスを供給。このボールにゴール前へ走り込んだビジャがトーキックで反応し、逆転ゴールを挙げた。このゴールで勢いづいた神戸は64分にもオウンゴールで追加点を挙げ、最終スコア3-1で勝利している。

スペイン紙『as』は「スーパークラスであることの証明」という見出しを打ち、このビジャのゴールを動画つきで紹介。「彼は(後半開始から)20秒で素晴らしいトーキックシュートを放った。今後、相手の執拗なマークにうんざりすることになるだろう」というテキストを添え、37歳となった今でも衰えぬ同選手のスキルを称えた。

直近のJ1リーグで2試合連続ゴールと、早くも爆発の予感が漂っているビジャだが、先日加入が発表されたMFセルジ・サンペール(前バルセロナ)と共に、どのような連係を織り成すかに注目したいところだ。



参照元:youtube

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.233 今季貢献度で選んだリーグ別ベストイレブン
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ