中島翔哉、カタール移籍後初ゴール 欧州の“敏腕記者”も称賛[映像アリ]

今冬にアル・ドゥハイルへ移籍した中島翔哉 photo/Getty Images

PA内で右足一閃

今冬にポルティモネンセからカタール1部リーグのアル・ドゥハイルに移籍したMF中島翔哉が、技ありのゴールを決めた。

同選手は2月28日に行われたカタール・スターズリーグの第18節(アル・アハリ戦)に出場。アル・ドゥハイルが2-0とリードして迎えた51分すぎ、FWモハメド・ムンタリからのリターンパスを受けた中島が、敵陣ペナルティエリア右隅へと侵入。そのまま右足を振り抜き、同クラブ加入後初ゴールを挙げた。なお、この後も攻撃の手を緩めなかったアル・ドゥハイルは6-0で勝利している。

リスボンやマドリードなどを拠点に活動し、大手スペイン紙『MARCA』に寄稿しているペドロ・バラタ記者がこの中島のゴールに反応。自身のTwitterアカウントで「ショウヤ・ナカジマは中東の地で自身の実力を広めてみせた」と綴り、同選手のゴールを称えた。早くもアル・ドゥハイルの攻撃に欠かせない存在となりつつある中島だが、更なる成長に期待したいところだ。



参照元:Twitter

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.253 激化するスクデット争い

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ