ヴェンゲル氏の“獲得寸前リスト”が更新「サンチョとサインする寸前だった」

アーセナルで長期政権を築いたヴェンゲル氏 photo/Getty Images

今季ドルトムントで主力に

アーセナルを長年にわたり率いていたアーセン・ヴェンゲル氏が、現在ドルトムントで活躍する若手FWジェイドン・サンチョと契約寸前だったことを明らかにした。

英『Daily Mail』は、「アーセン・ヴェンゲルはジェイドン・サンチョとサイン寸前だった」と報じた。ヴェンゲル氏は『beIN SPORTS』のコメンテーターとして招かれた際に、次のように発言している。

「いろんなクラブからのプレッシャーもある。彼が試合に出ていなかったとき、彼をマンチェスター・シティから連れ出したかったから、遠慮なく言ったんだ」

「彼はロンドン出身だ。だから私は彼を誘惑し、アーセナルに連れて行こうとした」

ヴェンゲル氏が「獲得寸前だった」と語った例は枚挙に暇がなく、しばしばタブロイド紙のネタにされるほどだ。ズラタン・イブラヒモビッチ、クリスティアーノ・ロナウド、リオネル・メッシ、ガレス・ベイル、ポール・ポグバ、キリアン・ムバッペなどなど……。しかし当然ながらすべて破談に終わっており、「契約寸前だったが、選手が別のクラブを選んだ」などと語るのが“オチ”となっている。このリストに、今回サンチョが加わったわけだ。

現在、ウインガーのポジションにコマが足りていない印象のアーセナル。もしサンチョと契約できていたら、また違った「強力なスカッド」ができていたに違いない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ