恩師サッリもご満悦! イグアイン、チェルシー移籍後初得点を含む2発

2ゴールの活躍を見せたイグアイン photo/Getty Images

アザールとのコンビも絶賛

チェルシーの指揮官を務めるマウリツィオ・サッリ監督が、今冬の移籍市場で加入した愛弟子のアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインを絶賛している。

2日に行われたプレミアリーグ第25節で、ハダースフィールドをホームのスタンフォード・ブリッジへ迎え入れたチェルシー。90分間で大量5得点を奪い、5-0でハダースフィールドを撃破し、リーグ戦3試合ぶりの勝利を手にした。

この一戦で2試合連続のスタメンを飾ったイグアインは、指揮官の期待に応えてみせた。16分、エンゴロ・カンテの絶妙なスルーパスで抜け出すと、ペナルティエリア内右の角度のないところから豪快にシュートを決め、先制点をもたらしている。移籍後初ゴールを決めたイグアインの勢いは止まらず、3点リードして迎えた69分にも、カンテの落しをエリア左手前で受けると、ダイレクトでシュートを狙う。相手DFをかすめたボールはゴール隅に突き刺さった。

2ゴールのほか、ポストプレイで攻撃の起点となるなど、チームの勝利に大きく貢献したイグアインについて、サッリ監督は試合後のインタビューで「イグアインはここへ移籍してきたとき、最高のフィジカルコンディションではなかった。ただ、今は徐々に良くなっているよ」とコメント。クラブの公式サイトなどが伝えている。

さらに、チームのエースであるエデン・アザールとの関係について「ゴールを決めた以外にも、彼はエデンの近くのプレイするのに適していると思う。私は満足しているよ。ピッチ上で彼らは、近い距離でプレイするのが合っている。我々にとって、イグアインは非常に有能な存在だ。エデンにとっても重要な存在だと思うよ」と述べている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ