MLSは単なるベテランだけのリーグじゃない! 続々と有望株が欧州へ

ニューカッスルに加わったアルミロン photo/Getty Images

どんどん魅力的になるMLS

アメリカ・MLSといえばスティーブン・ジェラードやヴィッセル神戸にやってきたダビド・ビジャなど欧州で活躍してきたスター選手を積極的に引き抜いていることで知られ、今もウェイン・ルーニーやズラタン・イブラヒモビッチがプレイしている。中国や中東と同じく、キャリア終盤に差し掛かった名手たちの行き先候補の1つだ。

しかし、今冬の移籍市場ではこれまでと違う動きがあった。MLSから欧州へ向かうパターンが目立ったのだ。日本代表FW武藤嘉紀が所属するニューカッスルはクラブ史上最高額となる2000万ポンドの移籍金で2018年のMLSカップを制したアトランタ・ユナイテッドから24歳のパラグアイ代表MFミゲル・アルミロンを獲得。

さらに2018年のMLS最優秀GK賞に選ばれたコロンバス・クルー所属のザック・ステファンはマンチェスター・シティと契約。この夏にチームへ合流する予定となっている。

また昨夏の時点で決まっていた話だが、バイエルンがバンクーバー・ホワイトキャップスからカナダ代表の18歳FWアルフォンソ・デイビスを獲得。今冬よりチームに合流した。デイビスはアリエン・ロッベンやフランク・リベリの後継者候補と捉えられており、大きな期待がかけられている逸材だ。

そしてニューヨーク・レッドブルズからライプツィヒに移籍した19歳のアメリカ代表MFタイラー・アダムスも、すでにブンデスリーガでは2試合続けて守備的MFとしてスタメン出場している。

米『ESPN』は今冬の市場での動きをポジティブに捉えており、MLSは単なるベテランのスター選手が集まるリーグではない。MLSから欧州トップクラブにステップアップ可能であることがはっきりし、MLS経由で欧州を目指す若手も増えてくるかもしれない。アメリカ代表の強化にも繋がってくるはずで、MLSは新たなステージへと進み始めているようだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ