驚異のスピード! アーセナルが目をつける”ナイジェリアのロッベン”とは

ビジャレアルで活躍するチュクウェゼ photo/Getty Images

右サイドからのカットインは切れ味抜群

ウナイ・エメリ率いるアーセナルは純粋なウイングを探していると言われているが、以前から注目している若きウイングがいる。今季ビジャレアルでブレイクを果たしている19歳のサムエル・チュクウェゼだ。

すでにナイジェリア代表デビューを果たしているチュクウェゼは、今季ビジャレアルでデビューした選手だ。3日にビジャレアルはレアル・マドリードと2-2で引き分けたが、このゲームでもチュクウェゼはフル出場している。

スペイン『MARCA』も今季の大ブレイク選手の1人としてチュクウェゼを取り上げているが、右サイドから仕掛けていくレフティーのチュクウェゼは「ナイジェリアのアリエン・ロッベン」とも言われるほどの逸材だ。何よりの武器はドリブルで、少しマンチェスター・シティのリヤド・マフレズを思わせるところもある。マフレズが所属していたレスター・シティも興味を示しているようで、チュクウェゼの争奪戦が起こる日は近い。

英『The Sun』によると、元アーセナルDFローレンも「非常に優れた選手だ。得点も奪えてチャンスメイクもでき、足下の技術も高い。彼は間違いなく私がリーガで見てきた中では最も完成された19歳だ」と絶賛している。

同メディアによれば以前アーセナルはチュクウェゼの獲得に近づいたようだが、チュクウェゼはリーガでプレイする道を選んだ。2015年にはU-17ナイジェリア代表の一員としてU-17ワールドカップも制覇しており、スター街道まっしぐらだ。近いうちに争奪戦となるであろうナイジェリアの宝石は要注目選手だ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.234 大会出場選手確定! コパ・アメリカ完全ガイド
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ