DFに削られるのも悪くない? アザール「僕が上手すぎるという気分に」

チェルシーのアザール photo/Getty Images

少し特別な気分に

どんなアタッカーも執拗にファウルされることは嫌うものだが、チェルシーFWエデン・アザールは時折良い気分になることがあるという。相手が自分を止める手段がファウルくらいしかないと感じることができるからだ。

英『sky SPORTS』によると、アザールは「時にはタフなものだ。僕は7年にわたって常に蹴られてきたのだからね。もちろん好きではないけど、蹴られた時には特別な考えが浮かぶんだよ。僕が上手すぎる、相手は止めたいけど止められないという気分になるんだ。それは僕に特別な力を与えてくれる」とコメントしている。

実際、好調時のアザールは手がつけられなくなる。前を向いてスピードアップした時はもちろんだが、相手に背を向けた状態でボールを受けてもほとんど失うことがない。素早くターンする場合もあれば、お尻で上手くボールを守りながら相手をかわしてしまうこともある。そこで強引に押してしまえばファウルだ。アザールはこのあたりの使い分けが驚くほどに上手い。

今季はここまで59回ものファウルを受けており、いかに相手に警戒されているかが分かる。それだけファウルを受けながらも大怪我が少ないのも特徴的で、アザールも膝や足首のケアを入念にしていると明かしている。今後もアザールは削られ続けるだろう。それはアザールを止める具体的な術がないからで、今アザールからクリーンにボールを奪えるDFはほとんどいないはずだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ