アザールやカンテらが日本で見られる!? チェルシーの来日が決定

アザールのキレキレのドリブルが日本で見られるかも?photo/Getty Images

来夏のプレシーズンマッチを日本で開催

チェルシーは25日、2019-20シーズンのプレシーズンマッチを日本で開催すると発表した。なお、対戦相手や会場などの詳細は後日発表されるとのことだ。

今季からチームを率いるマウリツィオ・サッリ監督のもとで、これまでの守備的なサッカーを一新し、攻撃的なポゼッションサッカーで多くのファンを魅了するチェルシー。24日に行われたトッテナム戦で敗れ、今季リーグ戦初黒星を喫したが、第12節まで無敗をキープするなどプレミアリーグで上位争いを繰り広げている。

そんなチェルシーの来日が決まった。同クラブのトップチームが日本を訪れるのは、2012年のFIFAクラブワールドカップ以来2度目とのこと。これに際し、チェルシーの会長を務めるブルース・バック氏がクラブの公式サイトを通じて「また日本を落とすれることを楽しみにしている。日本のファンの前でプレイするために、できるだけ最強のチームを連れて行くよ」と述べている。

今回の発表は、チェルシーのスポンサーを務める『横浜ゴム』が東京で行なったイベントにて明かされた。このイベントには、チェルシーのレジェンドで、先日引退を発表したばかりの元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバ氏が参加しており、インタビューで「チェルシーの選手にとって、日本でのプレイは素晴らしい経験になるはずだ。まだ日本について24時間しか経っていないが、サッカーファンの情熱を見たよ。みんなにとって素晴らしい機会になると確信している」とコメントした。

今冬、そして来夏の移籍市場の動向で、来日選手は変わるだろうが、欧州屈指のドリブラーであるエデン・アザールやロシアW杯で世界一を経験したエンゴロ・カンテ、チームの心臓を務めるジョルジーニョらのプレイが、日本で見られるかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ