ユーヴェ唯一の弱点? アーセナル時代から進歩していないと守護神に痛烈批判

マンUに2失点したシュチェスニー photo/Getty Images

マンUに2失点

チャンピオンズリーグ優勝候補に挙げられているユヴェントスは攻守両面でパーフェクトな陣容に思えるが、唯一穴と言えるポジションがあるのではないか。これを指摘したのはマンチェスター・ユナイテッドのOBポール・スコールズ氏とオーウェン・ハーグリーブス氏だ。

ユヴェントスは7日にチャンピオンズリーグ・グループステージでマンUと対戦し、終盤の2失点で1-2と敗れた。ファン・マタの直接フリーキックに加え、アシュリー・ヤングのフリーキックからオウンゴールに繋がっての2失点だった。ユヴェントスはDFアンドレア・バルザッリも投入して逃げ切り態勢に入っていたのだが、守り切ることができなかった。

英『BT Sport』によると、スコールズ氏とハーグリーブス氏はユヴェントスのGKヴォイチェフ・シュチェスニーに問題があると指摘する。ワールドクラスの選手が揃うユヴェントスにおいて、シュチェスニーが唯一の弱点と考えているのだ。

スコールズ氏は、「2点目は悪いGKのプレイだったと思う。かき出せたはずだが、彼は優柔不断だった。ユヴェントスにとって大きな弱点だと思う。彼はアーセナルで5年間苦しんだが、そこから進歩しているようには見えない」とコメント。

ハーグリーブス氏も「ワールドクラスのGK抜きでチャンピオンズリーグを制したチームがどれだけいただろうか?」と厳しい主張をしている。

ユヴェントスは今夏にジャンルイジ・ブッフォンが去り、現在はシュチェスニーがゴールを守っている。シュチェスニーをワールドクラスのGKと判断するのは難しいかもしれない。決勝トーナメントに入ればGKの仕事も増えてくるはずだが、ユヴェントスはシュチェスニーでチャンピオンズリーグを制覇できるか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ