便器にテレビ画面を搭載!? スタジアム改修計画中レアル、トイレ問題解消へ

レアルの本拠地であるサンティアゴ・ベルナベウ photo/Getty Images

すでにテレビと一体となった小便器の写真も

サッカーの試合のハーフタイムに、トイレに長蛇の列ができるのはありふれた光景である。そしてサッカーファンなら「トイレへ行っている間にゴールが決まってしまった」や、「トイレを我慢しながら試合を見た」といった経験をしたことがある方も少なくないはずだ。ただそんな中、スタジアムへ足を運んだファンが歓喜の瞬間や華麗なプレイを見逃さないために、現在チャンピオンズリーグ3連覇中の欧州王者レアル・マドリードが新たな試みをしようとしている。

本拠地のサンティアゴ・ベルナベウを「世界一のスタジアム」にするために700億円近くを投資し、スタジアムの改修を計画しているレアル。開閉式の屋根や360度にわたるスクリーンなど、すでに新スタジアムの計画の一部を欧州メディアが報じているが、トイレにも新型の便器を導入しようとしているようだ。

英紙『THE Sun』などによると、新スタジアムでは設置された便器一つ一つにテレビ画面を搭載しようとしているとのこと。すでにテレビと一体となった小便器の写真を掲載しており、「レガネスが同様のシステムを導入しているが、レアルもファンにトイレをしながら試合を見る機会を与える。我慢しないで試合を楽しむことができるだろう」と取り上げている。これでレアルは、スタジアムのトイレ問題が少しは解消されるかもしれない。スタジアムを訪れるファンにとっても朗報といえよう。



参照元:Twitter

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ