遅刻&“懲罰欠場説”浮上のデンべレ まさかのフェイクニュースか

今季はまずまずのパフォーマンスを披露しているが...... photo/Getty Images

CLインテル戦で出番なし

昨夏にドルトムントからバルセロナへ移籍したFWウスマン・デンべレ。ドルトムントの練習を無断欠席して移籍を強行したほか、フランス代表を率いるディディエ・デシャン監督からもロシアW杯期間中における練習態度の悪さを指摘されるなど、問題行動が目立っている。

24日に行われたUEFAチャンピオンズリーグのインテル戦でも試合直前の集合時間を破り(19時)、エルネスト・バルベルデ監督より“懲罰欠場”を命じられたとスペインメディア『Cuatro』などで伝えられていたが、同国メディア『MUNDO DEPORTIVO』がこの噂を否定。そもそも当日の集合時刻は19時ではなく19時20分であり、同選手はこの時間を遵守していたと報じた。

今季の公式戦11試合に出場して5得点と、まずまずのスタートを切っているデンべレ。昨季は度重なる負傷に悩まされた同選手だが、今季は健康体を維持し、3冠達成(国内リーグ、国王杯、チャンピオンズリーグ制覇)を目論む同クラブの主軸として君臨できるだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ