“香川潰し”の役目任された守備的MF覚えてる? レアルが熱視線

コロンビア代表のウィルマール・バリオス photo/Getty Images

欧州挑戦の時迫る

ロシアワールドカップのグループステージ初戦で日本代表はコロンビア代表と対戦し、2-1で勝利を収めた。その試合で前半途中から出場したMFウィルマル・バリオスを覚えているだろうか。

バリオスは守備的MFを本職とする選手で、退場者を出して1人少なくなったコロンビア代表の守備を立て直すべく投入された。中盤で躍動していた日本の10番、香川真司を抑えるのが役目だった。

その潰し屋にレアル・マドリードが注目しているという。現在アルゼンチンのボカ・ジュニアーズでプレイするバリオスにはトッテナムが獲得に迫っているようだが、スペイン『MARCA』はレアルも獲得の意思を見せていると伝えている。

レアルにはブラジル代表の潰し屋カゼミロがいるが、守備的MFと呼べるのはカゼミロくらいだ。同選手のバックアッパーが必要で、25歳のバリオスがその候補者の1人となっているわけだ。

カゼミロよりパワーは劣るが、機動性は優れると評価されているバリオスだが、欧州主要リーグへ挑戦する時が迫っているようだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ