“クロアチアのネイマール”!? 燃える4年後の主役候補

クロアチア代表のピアツァ photo/Getty Images

代表で定位置確保を

ロシアワールドカップで決勝まで進んだクロアチア代表ではイヴァン・ペリシッチやマリオ・マンジュキッチらが前線で奮闘したが、これからのチームを背負って立つ存在になってほしい選手がいる。

現在フィオレンティーナでプレイする23歳のFWマルコ・ピアツァだ。ピアツァは2016年にユヴェントスに引き抜かれた注目の若手選手の1人で、クロアチア代表の一員としてロシアワールドカップ決勝の舞台でも途中出場を果たしている。

ただしまだ代表ではサブ組の1人との位置づけで、27歳で迎える次回のワールドカップでは主力としてプレイしたいところ。伊『Gazzetta dello Sport』によると、ピアツァもこれから自身が凄い選手になれると自信を抱いており、ワールドクラスを目指すと意気込んでいる。

「怪我の影響で成長がストップしてしまうところはあったけど、継続してプレイできれば自信は取り戻せる。僕は自分のポジションで世界最高の1人になるのが目標なんだ。現時点ではエデン・アザール、ネイマールが世界最高かな。僕も怪我さえ回避できれば、そこに行けるはずだよ」

果たしてピアツァはクロアチアのネイマール、アザールとなれるのか。今回のヨルダン代表との親善試合では先発フル出場しており、もっと存在感を高めていきたいところだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ