負傷のウムティティが長期離脱へ 不在時のバルサの戦績は……

レガネス戦後に負傷が発覚したウムティティ photo/Getty Images

左膝の靭帯を損傷

直近のリーグ戦2試合連続で勝利を逃しているバルセロナ。現地時間26日に行われたリーガ・エスパニョーラ第6節では、2部降格圏に沈むレガネスを相手に逆転負けを喫している(1-2)。

芳しくない状況が続くなか、同クラブのDFサミュエル・ウムティティ(フランス代表)が膝を負傷していたことが、レガネス戦後に明らかに。左膝の靭帯損傷により、全治に6ヶ月ほどを要することが英『THE Sun』で伝えられた。

同選手が出場したリーガ・エスパニョーラでは82.1%(46勝8分け2敗)の高勝率を誇っているバルセロナだが、欠場時は53.8%(14勝8分け4敗)にまで勝率が落ち込んでいる。同クラブはこの難局を乗り越えることができるだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ