やはりCLアンセムは格別か 長友、7季ぶりに味わった欧州最高峰の舞台

左サイドで激しいデュエルを繰り広げる長友 photo/Getty Images

「アンセムは鳥肌たった」

日本代表DF長友佑都が所属するガラタサライは18日、チャンピオンズリーグのグループステージ初戦でロコモティフ・モスクワと対戦。ロシア王者を相手に3点を奪ったトルコ王者ガラタサライが3-0で勝利し、白星発進を決めている。

この一戦で左サイドバックとしてスターティングメンバーに名を連ね、フル出場を果たした長友。守備で無失点に貢献するだけでなく、積極的に攻撃にも参加し、クロスで決定機を演出するなど存分に存在感を発揮した。

そんな長友が試合後、トルコ『HABBER TURK』のインタビューで「満足している。僕たちは重要な勝ち点3を手に入れることができたからね。素晴らしいプレイが勝利につながった。ピッチでは、全体を通してコンパクトにプレイできたと思うよ」と試合を振り返りつつ、今季もガラタサライでプレイできる喜びを「もう一度、ガラタサライでプレイできることを誇りに思う。僕の人生において、こんなに素晴らしい雰囲気は見たことがないよ」と語っている。

また、インテル加入2年目の2011-12シーズン以来、7シーズンぶりにCLのピッチに立った長友は、試合後に自身の公式Twitterも更新。欧州最高峰の舞台で戦える喜びを「CL初戦、3-0の勝利で最高のスタート。6年ぶりのアンセムは鳥肌たった。この場所で仕事ができることに大きな幸せを感じる」と綴っている。

この調子でガラタサライは、グループステージを突破することができるのか。長友の今後のさらなる活躍にも注目だ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ