ベルナベウが満員にならない…… C・ロナウド退団で伸びぬ集客に嘆き節

レアルの本拠地に異変 photo/Getty Images

8万人を収容するスタジアムは空席も目立つ

フレン・ロペテギ率いるレアル・マドリードはクリスティアーノ・ロナウドが抜けた中でも開幕から3連勝と結果を残しているのだが、とにかくサポーターがサンティアゴ・ベルナベウに来てくれない。スター性が欠けてしまったのだろうか。

開幕節のヘタフェ戦では4万8466人しかベルナベウに集まらず、2008-09シーズンの最終節マジョルカ戦以降最低の数字だったことが話題を呼んだ。結果が見えた最終節ならまだしも、これからシーズンのスタートだという開幕節でこれだけしか集まらないのは少々寂しい。

今節のレガネス戦もチームはカリム・ベンゼマ、ガレス・ベイルの得点などで4‐1と快勝を収めたが、スペイン『MARCA』のデータではベルナベウに集まったサポーターの数は5万9255人。同メディアは、「まだベルナベウは満員にならない」と取り上げている。

ベルナベウは8万人超えを収容するスタジアムだが、満員になるのが難しくなってきている。ロナウドに代わるスーパースターの獲得はなく、サポーターが新鮮味を感じていないのは間違いないだろう。チャンピオンズリーグの戦いなどが始まれば変わってくるかもしれないが、スター性という点でレアルは人々を惹きつけなくなってきているのか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ