日本を焦らせた強烈シュート決めた19歳DFにバルサが熱視線 W杯効果で評価急上昇

日本から得点決めたワゲ photo/Getty Images

超攻撃的なサイドバック

右サイドバックながら積極的に攻撃参加し、ロシアワールドカップの日本代表戦では強烈なゴールまで決めたセネガル代表の19歳DFムサ・ワゲにバルセロナが興味を示しているという。

スペイン『Mundo Deportivo』によると、バルセロナは様々なポジションをこなしてきたセルジ・ロベルトを新シーズンは中盤で固定しようとしている。セルジ・ロベルトは右サイドバックも担当してきた選手のため、代わりにワゲを獲得する案が浮上しているようだ。

同メディアはネウソン・セメドにワゲがチャレンジする形となると伝えており、ベルギーのオイペンでプレイする若きサイドバックはワールドカップで大きく評価を上げることに成功したようだ。ベルギーからバルセロナ行きは特大のステップアップであり、まさにワールドカップ効果といったところか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ