F・マリノスの“ゴール時無敗男” デュエル勝利数も秀逸だった! 

中盤でのハードワークが光る天野 photo/Getty Images

フィジカルコンタクトをものともせず

2014年より横浜F・マリノスに在籍しているMF天野純。今季も持ち前のプレースキックや巧みなフリーランニングで同クラブの攻撃を牽引している。

自身が得点を挙げた2014年以降の公式戦でF・マリノスは負けなし(全12試合/9勝3分け)と、攻撃面でのデータが印象的な天野だが、もうひとつ特筆すべきスタッツがある。スポーツデータサイト『Sofa Score』の統計によると、同選手は今季のJ1リーグ第16節のベガルタ仙台戦で、10回のデュエル(※球際での攻防)に勝利。これは同試合に先発した両軍のフィールドプレイヤーの中で、最多の数値だ。また、同選手は第14節のガンバ大阪戦でも10回のデュエルに勝利。同じく両軍の中で最良の数値を記録している。

卓越した足下の技術のみならず、肉弾戦も厭わないハードワークでF・マリノスの中盤を支えている天野。今後も攻守両面で存在感を示し、同クラブのタイトル獲得に貢献できるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ